個人情報の取り扱いについてのお願い
 医療を行う為には、患者さんの病歴や診察所見、又、検査所見等の個人情報の収集が必要です。  

 当センターは、個人情報の保護に関する法律』を遵守し、患者さんの個人情報保護に積極的に取り組み、その取り扱いには厳重な注意を払っております。  

 個人情報の利用目的等につきましては、以下のことにご理解くださいますようお願い致します。以下は厚生労働省の示す指針に準拠したものです。ご希望の方には印刷物をお渡ししますので医務課にお申し付けください。

1.当センターにおける個人情報の主な利用目的でご同意いただきたいこと
1)医療の提供に基本的に必要な利用目的

 患者さんの個人情報の基本的な利用目的は、診療の提供、又、それに伴う保険事務や、患者さんの関わる病棟等の運営管理の為に利用されること等で、これらは基本的に必要です。又、適切な診療の為に、他の医療機関との連携を図ること、外部の医師等の助言を求めること、他の医療機関からの照会に応じること、ご家族等へ病状の説明を行うこと等もしばしば必要となります。これらにつきましては、特に留保の意思表示を頂戴しない限りは、ご同意を頂いているものとして利用させていただきます。

2)上記以外として、病院の管理運営業務のうち、

・業務の維持・改善の為の資料として

・院内において行われる勉強会

等で利用させて頂く場合があげられます。

以上1)、2)でご同意されがたいものがある場合、

 患者さんは当センターに対し、あらかじめご本人の明確な意思の確認を得るようお求めになることができます。この場合、医務課にご相談ください。  

そのような意思表示をされない場合には、上記について同意をされたものとさせていただきます。同意や留保は、後日、お申し出があれば、いつでも変更することができます。  

以上の詳細やその他の利用目的につきましては、掲示された表をご覧ください。

2.個人情報の開示、訂正、利用目的の通知、利用停止等を求められる場合、医務課にご相談ください。開示の場合は手数料がかかります。ご質問やご意見がある場合も上記の窓口にお声をかけてください。
3.当センターと埼玉医科大学病院・埼玉医科大学国際医療センター・埼玉医科大学総合医療センターとは、同一事業者が管理・運営する関連医療機関です。この両病院は患者さんの医療上の利益を確保する為、機能を相互に補完しながら密接な連携関係をもって診療にあたります。従いまして、この関連医療機関は、診療に必要な場合に限って、患者さんの診療録を相互閲覧させて頂くことがあります。
 

個人情報の業務上の利用目的
1.医療の提供に基本的に必要な利用目的
1)病院内部での利用に関する事項

①診察・検査・調剤・手術・処置等の医療サービス

②医療保険事務

③患者さんに関わる管理運営業務のうち、

 ・外来・病棟・検査室・薬剤部等の管理

 ・会計・経理

 ・医療事故等の場合の報告

 ・当該患者さんへの医療サービスの向上

2)他施設への情報提供を行う事項

①患者さんに提供する医療サービスのうち、

 ・他の医療機関、薬局や訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携

 ・他の医療機関から診療上必要な紹介があった場合の回答

 ・診療上、外部の医師等の意見・助言が必要でそれを求める場合

 ・ご家族への病状説明

②医療保険事務のうち、

 ・審査支払機関へのレセプトの提出

 ・審査支払機関や保険者からの照会への回答

2.院内の管理運営業務に関する上記以外の利用目的
 ・医療サービスや業務の維持・改善のための基礎資料としての利用

 ・院内での学生の実習に伴って利用させて頂ける場合

 ・院内での勉強会・症例検討会等

3.医学論文・学会発表等での利用
 医学論文や学会発表での利用は憲法の『学問の自由』に該当し、厳密には『個人情報保護法』が適用されませんが、当センターでは個人情報を個人の人格尊重の理念の下に慎重に取り扱う方針です。情報が特定の患者さんのものであることが識別不可能な状態とする、情報の『匿名化』作業を行わせていただきます。
4.第三者への情報提供について
 情報を第三者に提供する場合には、原則的に患者さんのご同意を頂戴致します。法的にご同意を必要としないものとして、当センターで施行できない検査の院外施設への委託、医療事故報告や外部機関の監査等への対応等があります。あらかじめご了承ください。
平成17年4月1日

丸木記念福祉メディカルセンターセンター長 

丸木多恵子