丸木記念福祉メディカルセンター 基本理念

限りなき愛を基本に、全職員が利用者様に満足度の高い医療と福祉の実現を目指します。
基本方針

1.すべての病める人々にまごころをもって臨みます。

2.安全で質の高い医療・福祉を実践します。

3.地域の医療・保健・福祉機関との連携を密にします。

4.高い技能を持つ心豊かな人材を育成します。

5.埼玉医科大学病院群との連携を密にし、第4病院としての使命・質の向上を図ります。
患者さんの権利

当センターは、すべての患者さんには、以下の権利があるものと考えます。

これらを尊重した医療を行うことをめざします。

1.ひとりひとりが大切にされる権利

2.安心で質の高い医療を受ける権利

3.ご自分の希望を述べる権利

4.納得できるまで説明を聞く権利

5.医療内容をご自分で決める権利

6.プライバシーが守られる権利
患者さんへのお願い

1.ご自分の健康に関することを詳しくお話下さい。

2.ご自分にして欲しいこと、欲しくないことを遠慮なくお話下さい。

3.わからないことがあれば納得できるまでお聞き下さい。

4.治療を受けていて異常を感じたらすぐにお知らせ下さい。

5.他の患者さんの迷惑にならないように配慮して下さい。
精神科基本理念
地域社会に信頼される精神科医療をめざし、患者さんに安全で安心される質の高い医療を提供します。
基本方針

1.患者さんの人権に配慮し、癒しと回復の場を提供します。

2.患者さんの社会復帰の促進を図り、家庭や地域での生活を支援します。

3.患者さんに分かり易く、効果的で適切な医療を提供します。

4.積極的に関連機関と連携し、広く地域精神保健活動に取り組みます。

5.明るく働きがいのある職場をつくり、真の「こころの治療」を追求します。
緩和ケア基本理念
 「限りなき愛」を基本に、患者さんの心身の苦痛を和らげ、その人らしい生活が送れることを支援します。
基本方針

1.がん等による肉体的・精神的な苦痛を伴う患者さんの症状緩和を目的とします。

2.スタッフ全員が患者さんと共に和となって、患者さんがその人らしい生活が送れるように支援します。

3.患者さんとご家族が、少しでも長く心が和み満足していただけるように、緩和ケアの提供に努めます。

4.患者さんとご家族の尊厳を大切に、専門職がチームを組み患者さん中心の緩和ケアを提供します。

5.埼玉医科大学3病院や地域の医療・福祉機関と連携して、患者さんの入院や在宅生活を支援します。